TOP

company

企業情報

会社概要

社名 九州化成工業株式会社
設立 1985年3月
本社所在地 〒854-0065
長崎県諫早市津久葉町6-59(諫早中核工業団地)
資本金 1億5000万円
代表取締役会長 濱 智義
代表取締役社長 濱 浩二
事業内容 発泡プラスチック製品の製造・販売
太陽光発電による売電
電話番号 0957-25-1119(代表)
050-3539-2326(IP電話)
FAX 0957-25-1129

九州化成工業株式会社

九州化成工業株式会社

事業所

九州化成工業株式会社 福岡支店

九州化成工業株式会社
福岡支店

〒811-2304
福岡県糟屋郡粕屋町仲原(大字)2805-1(map)
TEL 092-401-8041

九州化成工業株式会社 長崎営業所

九州化成工業株式会社
長崎営業所

〒851-2211
長崎県長崎市京泊町3-3-1(map)
TEL 095-850-4584 / FAX 095-850-4594

関連会社

山陰化成工業株式会社

山陰化成工業株式会社

〒684-0034
鳥取県境港市昭和町13-24(map)
TEL 0859-44-5510 / FAX 0859-44-3041
IP電話050-3732-2365

企業理念

『快適な暮らしに役立つ製品(もの)づくり』と『幸福(しあわせ)の基盤となる企業の創造』

ごあいさつ

当社は、発泡スチロール(EPS)メーカーとして1980年の設立以来、現在まで幾多の苦難はございましたが、大過なく順調に推移してまいりました。
これも偏に、お取引先様をはじめとする関係各位のご支援とご愛顧の賜物と心より感謝申し上げます。
これからも様々な用途の製品・サービスを通じて、お取引先様とともに発展し、社会貢献に努めてまいります。

快適な暮らしに役立つ製品(もの)づくり
時代の移り変わりのなかで、発泡スチロールの役割は、人と物とのつながりから、自然や環境との共存へと発展しようとしています。
超軽量で高断熱、自由な形状に成形でき、しかも再資源化が容易な素材・・・
言いかえるなら、省エネルギー・循環型社会にベストマッチする素材、それが発泡スチロールです。
当社は、この優れた素材特性を活かし、保冷容器や断熱ボード、車載部材や精密機器のクッション材、海洋構造物の浮力体 等、様々な用途に製品展開しています。
今後も、より機能的な形状のご提案や、他素材との複合化等による新たな性能を付加した製品展開を図り、人々の『快適な暮らしに役立つ製品づくり』にチャレンジし続けます。
より快適に、より優しく、発泡スチロールの可能性は、これからも限りなく拡がり続けます。

しあわせの基盤となる企業の創造
企業は、働く個人にとって社会貢献・自己実現の場であり、経済的基盤でもあります。
当社は、全員参加で公正かつ公平な関係維持に努め、より働きやすい職場環境を創り、快適な暮らしに役立つ製品づくりで得た成果を適切に還元したいと考えています。
九州化成工業㈱は、『しあわせの基盤となる企業』を目指します。

九州化成工業株式会社
代表取締役 濱 浩二

会社沿革

1985年 資本金9000万円にて長崎県の誘政企業として諫早市へ会社設立。
1986年 資本金を1億2000万円に増資
フロート成型機を導入
粉砕機を設備しモルタル混合材として廃EPSの再資源化へ着手
1989年 長崎営業所を開設(長崎市)
倉庫建屋を新築(本社敷地内)
1990年 工場建屋を増設(本社敷地内)
1993年 EPSブロック成型機を導入
1998年 EPS減容機を設備し廃EPSのリサイクルを開始
2000年 福岡営業所を開設(福岡市)
2001年 長崎市へ九州化成長崎株式会社を設立(100%出資)
2003年 ISO9001認証取得
2006年 本社事務所建屋を新設(本社敷地内)
銀行保証付き私募債を発行
2007年 福岡市へ九州化成福岡株式会社を設立(100%出資)
資本金を1億5000万に増資
2008年 発泡ポリエチレン成型機を導入しEPE生産開始
2013年 太陽光発電所「ソーラーパワーステーション諌早」稼働

発泡スチロール(EPS)のことらなら九州化成工業株式会社にお任せください。

お気軽にお問い合わせください。

山陰化成工業株式会社ホームページ